takid.com ロゴ

 takid.com [日本語(にほんご) トップ] [雑記(ざっき)] [日本(にほん)] [+手話(しゅわ)] [5W1H] (EnglishEnglish

[日本(にほん)指文字(ゆびもじ)] [ASLの指文字(ゆびもじ)] [+プレゼン]
[01(いち)] [02()] [*03(さん)] [04(よん)] [05()] [06(ろく)] [07(なな)] [08(はち)] [09(きゅう)] [10(じゅう)] [11(じゅういち)] [12(じゅうに)] [13(じゅうさん)] [14(じゅうよん)] [15(じゅうご)] [16(じゅうろく)] [17(じゅうなな)] [18(じゅうはち)] [19(じゅうきゅう)] ページ
手話(しゅわ)って何(なに)?
手話(しゅわ)とは(なん)でしょうか。(たと)えば、ウィキペディアでは手話(しゅわ)とは、(おも)手指動作(しゅしどうさ)中心(ちゅうしん)とし、さらに非手指動作(ひしゅしどうさ) (NMS, non-manual signals) を使(つか)視覚言語(しかくげんご)である。手話(しゅわ)聴覚障害者(ちょうかくしょうがいしゃ)中心(ちゅうしん)となって使用(しいよう)している。
手話(しゅわ)()(ゆび)(うで)使(つか)手指動作(しゅしどうさ)だけでなく、非手指動作(ひしゅしどうさ)()ばれる、(かお)部位(ぶい) (視線(しせん)(まゆ)(ほお)(くち)(した)(くび)(かたむ)き・()り、あごの()き・()しなど)が重要(じゅうよう)文法要素(ぶんぽうようそ)となる。この非手指動作(ひしゅしどうさ)によって、受身(うけみ)使役(しえき)命令(めいれい)疑問文(ぎもんぶん)条件節(じょうけんせつ)などの文法的意味(ぶんぽうてきいみ)()たせることが出来(でき)る。」
定義(ていぎ)しています。
手話(しゅわ)には独自(どくじ)文法(ぶんぽう)やルールがあります。手話(しゅわ)身振(みぶり)りではなく、視覚言語(しかくげんご)です。

[01(いち)] [02()] [*03(さん)] [04(よん)] [05()] [06(ろく)] [07(なな)] [08(はち)] [09(きゅう)] [10(じゅう)] [11(じゅういち)] [12(じゅうに)] [13(じゅうさん)] [14(じゅうよん)] [15(じゅうご)] [16(じゅうろく)] [17(じゅうなな)] [18(じゅうはち)] [19(じゅうきゅう)] ページ
[日本(にほん)指文字(ゆびもじ)] [ASLの指文字(ゆびもじ)] [+プレゼン]

 takid.com [日本語(にほんご) トップ] [雑記(ざっき)] [日本(にほん)] [+手話(しゅわ)] [5W1H] (EnglishEnglish

Email: web@takid.com 
Copyright (C) 2005-2011 takid.com All Rights Reserved.